空き巣に注意

空き巣の侵入経路となるのは玄関や窓などが多いですが、勝手口などから侵入されることも多いです。
また、夜間だけではなく昼間に無施錠の家に侵入する空き巣も少なくはありません。わざわざ2階まで登ってその窓から侵入するということもあります。

二階の窓というのはうっかり閉め忘れてしまう箇所です。
ちょっと外出するだけだったり、窓が開けっ放しなのが習慣になっていたりするとそこの隙をついて空き巣が入ってきてしまいます。
被害にあってはじめて「やってしまった・・・」ということになるのです。

空き巣の被害にあった人はどの人も口をそろえて「まさかウチが狙われるとは」といいます。
誰も自分の家が狙われるとは思っていませんがどの家も狙われる可能性は少なからずあるのです。

空き巣による被害が大きいと立ち直るのにも時間がかかります。
金銭的な面だけではなく家が泥棒に入られたということが大きな心の傷になってしまいます。

昼間でも油断せずに必ず鍵をかけるようにしてください。そして、今一度家族みんなで防犯の事を確認しましょう。家族一人一人の意識を高めることが大切です。外出時、就寝時に施錠することについて家族みんなの意識を新たにして下さい。

盗まれるものは何もないと思っているかもしれません。しかし泥棒は少しのお金でもとれればラッキーと思います。カード類や個人情報などを盗まれる可能性だってあるのです。

空き巣対策なら頼れる地域密着型の鍵屋に相談しましょう!